新生児 おむつかぶれ 対処 拭く

新生児のおむつかぶれを防ぐための対処法としておしりふきは使わないほうがよいです。拭くというよりぬるま湯で洗い流し、あとはしっかり乾燥させましょう。
MENU

新生児のおむつかぶれ対処法と拭く方法

 

 

まだ皮膚が弱くうんちやおしっこの量の多い新生児にとっておむつかぶれというのは必ずというほど経験するものです。

 

対処法としてとにかくしっかり拭くようにするものですが、薄い皮膚に摩擦行為は刺激が強すぎ、逆におむつかぶれが悪化する原因となることも。

 

おしっこにときはおしり拭きは使用する必要はありません。
うんちの場合にもコットンをぬるま湯に浸してやさしく流してやるか、ポリ容器などで自家製ウォッシュレットをしてやるだけで十分なのです。

 

新生児のうちは市販のおしりふきは使わないほうがいいのです。

 

洗い流したあとはよくおしりを乾かしてやることがおすすめです。
夏場なら日向でお尻を出したままでしばらく置いてやってもいいです。

 

冬場はドライヤーの弱風を当てると早く乾き風邪を引く心配もありません。

 

うんちやおしっこが出たらこまめにおむつを変えてやることも大切です。

 

いつも清潔で乾燥した状態を保ってあげるようにしておむつかぶれから守りましょう。
このページの先頭へ