新生児 おむつかぶれ 対処 替える

新生児の皮膚は薄く、湿度と汚染によりおむつかぶれを起こしやすい。皮膚の清潔を保ち、皮膚トラブルを起こさないことが重要だが、トラブルを起きたときの対処として、刺激の少ない方法でおむつを替えること、その後、皮膚を乾燥させることがあげられる。
MENU

新生児のおむつを替えるときの注意とおむつかぶれの対処法は?

 

 

新生児の皮膚は薄く、大人のまぶたの皮膚と同じくらいの厚みです。
さらに、新生児は大人より体内の水分量が多く、皮膚もみずみずしい状態です。

 

そのため、新生児は皮膚トラブルが起きやすい状態にあります。

 

新生児は母乳やミルクなど口にするもののほとんどが水分の多いものなので、便はやわらかく、水っぽい傾向にあります。
そのため、おむつが汚れてしまうと、おむつの中の湿度と汚れの両方が刺激となって、おむつかぶれを起こしてしまいます。

 

大切なのは、おむつかぶれを起こさないようにおむつが汚れたら、そのつど、替えることです。
おむつを替えるときに、汚れが残りやすい皮膚の重なっている部分に注意しましょう。

 

例えば、鼠径部(足のつけねの部分)や肛門の周囲、陰部などです。
それでも、おむつかぶれを起こしてしまった場合、一番よい対処法はおしりの清潔に保つことです。

 

湿度と汚れの刺激を取り除き、赤ちゃんの活発な新陳代謝を促しましょう。

汚れはごしごし拭き取るのではなく、おしり拭きをぬるめの湯でたっぷり濡らし、流して落とします。

 

さらに、やわらかい布で押さえるように拭き、しっかりと肌を乾燥させます。

 

清潔で乾燥したおしりに白色ワセリンを塗ってあげることも有効です。
ワセリンの油分が皮膚を保護し、汚れがべっとりとつきにくくなるからです。

このページの先頭へ