新生児のおむつかぶれにはホームケアでお尻を乾かす対処が効果的

新生児のお尻はとても柔らかくてデリケートな肌なので、ちょっとした刺激で肌が荒れてしまいます。おむつかぶれを放置していると悪化してしまうので早めにホームケアを行い肌を乾燥させる対処をとることで悪化を防ぐことができます。
MENU

おむつかぶれは乾燥させることがポイント

 

新生児のおむつかぶれで悩むお母さんは多いのでがないでしょうか。
特に生まれて間もない赤ちゃんのお尻が真っ赤になってしまうと、なんとかしてあげたいという気持ちになります。

 

新生児のおむつかぶれの対処として、医師に診てもらうというのも一つの方法ですが、おむつかぶれになりたての場合はホームケアで対処することができます。

 

まず新生児のおむつを替える際に、新生児のお尻をぬるま湯で手のひらを使って優しく洗ってあげます。
そして清潔なタオルで優しくお尻を拭いて、よくお尻を乾かしてから新しいおむつに替えてあげましょう

 

とにかく肌が湿っていると、おむつかぶれは悪化してしまいますので、乾かしてあげることがポイントになってきます。
同時にこまめにおむつを替えてあげることで、お尻が濡れてしまう状態を回避することができます。

 

新生児のお尻はとても柔らかくてデリケートな肌です。

なのでちょっとした刺激で肌が荒れてしまいますし、そのまま放置しているとあっという間に悪化してしまうので、早めの対処が必要となってきます。

 

ただ、あまりにも肌が荒れてしまっていたり、肌が擦り切れてしまっている状態になっている場合には医師に相談して塗り薬を処方してもらうなどの対処も必要となってきます。

 

ですが、新生児に対しての薬として効果の高い強い薬は処方されないので、ホームケアは重点をおいて行っていく必要があります。
どうしても新生児のおむつかぶれをみてしまうと、母親は自分のせいでかわいそうなことをしてしまったと自分を責めがちになってしまいがちですが、そこまで自分を追い詰めずに申請時にはよく起こりがちな症状としてケアをしてあげると良いでしょう。

赤ちゃんの便秘もホームケアが大切です


おむつかぶれの際にお尻のん状態を悪化させてしまい、大敵なのが下痢ですが、反対に便秘に悩む赤ちゃんも少なくありません。
新生児はおっぱいやミルクを飲んですくすく大きくなりますが、毎日快便というわけではないのです。

 

1日3回も出ていたうんちが翌日から全くでなくなってしまった、お腹がぱんぱんでかわいそうといったことで頭を悩ませるお母さんも多くいるのではないでしょうか。

 

そんな時には、マルツエキスを飲ませたり、オリーブオイルを綿棒につけて赤ちゃんの肛門に綿棒の先を入れて優しく刺激を与えることで排便を促すことが出来るようになったりします。(赤ちゃん 便秘 オリゴ糖もおすすめです)

 

また、お母さんが食物繊維の多い食事を摂ることで、母乳から栄養を送って排便を促すことも一つの方法です。
赤ちゃんが吐いたりお腹がぱんぱんになっているようならば、医療機関にかかることも重要になってきます。

このページの先頭へ